ゴルフスイング動画診断>動画一覧>アイアン/ミート率が低いこと>原因・直し方

前回ハーフスイングで練習した方がいいとのことで、ハーフスイン...

  • はてなブックマークに追加
  • google+でシェア
  • twitterでシェア
  • facebookでシェア

掲載日:2016.10.04

投稿者:ひろ

(平均スコア120以上)

アイアン ミート率が低いこと

前回ハーフスイングで練習した方がいいとのことで、ハーフスイングで撮ってみました。いかがでしょうか。

レッスン・プロのアドバイス(原因と直し方)

渡辺義徳プロ

ひろさんこんにちは。
バックスイングいいところに収まっています。
フォローでは上体が起き上がって左肘が引けてしまっています。この練習は、左腕が左胸の上に乗ったままスイングをしなければなりません。
ハーフスイングなので、フォローでは左肘が見えないようにしましょう。
左にタオルを挟んで打つと、腕の振りと体の回転が合うようになります。フォローでは両腕がしっかり伸びて来ます。
左にタオルを挟んで、徐々に大きなスイングをしていきましょう。挾み方は、「動画でレスキュー」で紹介しています。
トップでは、左肩が右膝の上まで来るようにしましょう。腕は高く上げようとしなくても上がって来ます。

  • はてなブックマークに追加
  • google+でシェア
  • twitterでシェア
  • facebookでシェア

ミート率が低いこと関連のゴルフスイング動画

  1. フェースの上に当たる事が多く、コースに出るとプッシュスライス...

    2017.02.15 キム (平均スコア120以上) [ドライバー] [ミート率が低いこと]

  2. 前回アドバイス後、グリップをもう一度見直しました。正直なとこ...

    2017.02.10 kai (平均スコア不明) [ドライバー] [ミート率が低いこと]

  3. ゴルフ暦2年目です。 練習場ではスライスがでないのですが、コー...

    2017.02.06 たかし (平均スコア120以上) [ドライバー] [ミート率が低いこと]

その他の関連動画

ゴルフスイングを撮ってプロからアドバイスをもらおう!

KiZuKiアプリイメージ

無料のスイングチェックアプリ『KiZuKi』で撮った動画を投稿すれば、プロからアドバイスがもらえます。

補助線やコマ送り再生を使ったセルフチェックも簡単です。

iOS版KiZuKiダウンロード Android版KiZuKiダウンロード

アドバイスのもらい方