ゴルフスイング動画診断>動画一覧>アイアン/トップ・ハーフトップ・ゴロ>原因・直し方

アイアンで打つ時によくトップしてしまいます。練習ではほとんど...

  • はてなブックマークに追加
  • google+でシェア
  • twitterでシェア
  • facebookでシェア

掲載日:2015.09.01

投稿者:しーさと

(平均スコア120以上)

アイアン トップ・ハーフトップ・ゴロ

アイアンで打つ時によくトップしてしまいます。
練習ではほとんどトップしないのですが、コースではほとんど起こります。
どのようにすれば良いでしょうか?アドバイスお願いします。

レッスン・プロのアドバイス(原因と直し方)

渡辺義徳プロ

しーさとさんのスイングですが、トップしてしまうのは右手が早く動いてしまって、ボールに届かなくなっているからです。
アドレスも膝が曲がりすぎていて、バックスイングで伸び上がり、それを戻そうとしてインパクトで右肩をボールに寄せて合わせてしまっています。
スピードも落ちてしまいますし、ミート率も悪くなってしまいます。

まずは右手のグリップです。
親指がシャフトの上に来てしまっているので、バックスイングも上がらず、右手が効きすぎてしまいます。「動画でレスキュー」を参考にグリップして下さい。
アドレスも背が高いせいか膝を曲げすぎてしまっているので、その場で軽くジャンプをして下りた時に曲がる程度でいいです。

バックスイングは左肩始動です。
腕の三角形を崩さず右足の前まで引いてきて、腰のあたりまで手が来たら、そこからボールを打ってみましょう。三角形は崩さず、腰まで出す様にします。

それができたら、次は胸の位置まで手を上げて打ってみましょう。
肩の高さまで来た時はグリップエンドは地面を向く様にします。
トップではグリップエンドが真後ろに向く様にしましょう。右膝はアドレスの高さをキープしましょう。
ダウンスイングは右肩が出てしまうので、正面を向いたままインパクトする意識で打ちましょう。
フォローでもバックスイングと対象に肩まで手が来た時はグリップエンドが目標に向きます。

練習方法は足を揃えて打ちましょう。
ゆっくり大きくバックスイングをして、腕の力を抜く様にしてインパクトすると両腕が伸びてきます。
フォローも肩まで振ります。同じように、バックスイングではグリップエンドが真後ろに向いて、フォローでは目標に向きます。
正面からの画像がないので判りにくいですが、頭が左右に動いているのだ背骨を中心としたスイングをしましょう。

  • はてなブックマークに追加
  • google+でシェア
  • twitterでシェア
  • facebookでシェア

トップ・ハーフトップ・ゴロ関連のゴルフスイング動画

  1. 練習時ではそうでもないですが、コースに行くとよくトップします...

    2017.02.06 まーぼー (平均スコア110~119) [アイアン] [トップ・ハーフトップ・ゴロ]

  2. 全体的にハーフトップでミートしません。シャンクも出やすいです...

    2017.01.24 悪漢ぺー (平均スコア90~99) [アイアン] [トップ・ハーフトップ・ゴロ]

  3. 動画ではうまく打てているかもしれませんが、トップ及びダフリが...

    2017.01.23 あおき (平均スコア120以上) [アイアン] [トップ・ハーフトップ・ゴロ]

その他の関連動画

ゴルフスイングを撮ってプロからアドバイスをもらおう!

KiZuKiアプリイメージ

無料のスイングチェックアプリ『KiZuKi』で撮った動画を投稿すれば、プロからアドバイスがもらえます。

補助線やコマ送り再生を使ったセルフチェックも簡単です。

iOS版KiZuKiダウンロード Android版KiZuKiダウンロード

アドバイスのもらい方