ゴルフスイング動画診断>動画一覧>アイアン/身体に痛みが出ること>原因・直し方

アイアンで距離が出ません。ティーに乗せると飛ばせるのですが、...

  • はてなブックマークに追加
  • google+でシェア
  • twitterでシェア
  • facebookでシェア

掲載日:2015.10.02

投稿者:尾高 智人

(平均スコア120以上)

アイアン 身体に痛みが出ること

アイアンで距離が出ません。
ティーに乗せると飛ばせるのですが、下に置くと床を叩いて距離が出ません。

レッスン・プロのアドバイス(原因と直し方)

渡辺義徳プロ

尾高智人さんのスイングですが、まずはしっかりとしたアドレスをしましょう。
膝は曲がっていますが、重心がかかとにかかっていて棒立ちになりすぎています。「動画でレスキュー」のアドレスを参考にして下さい。

次にクラブを振らなければいけないのですが、バックスイングで右に流れてしまい体が回転しなくなっています。そのためにフォローでは早く回り過ぎていて、左肘が引けて上体も起き上がっています。体に負担もかかってしまいます。

アドレスが出来たらクラブを引いて出す練習をします。アドレスで出来た腕の三角形を崩さずに肩を使って引きます。
両肘が曲がらないようにすると、おそらく腰の高さまでしか上がらないです。そこからボールを打ちましょう。フォローも同様に両肘が伸びた状態で終わりにします。綺麗に動けば真っ直ぐにしかボールは飛びません。

次は引いてから上げていきますが、腰の高さから先は右肘が曲がってきます。胸の高さではグリップエンドが地面に向きます。トップではグリップエンドが真後ろに向いてきますが、体が回転して背中が目標を向くようにします。
ダウンスイングは手元が体の近くを通るようにします。
フォローではバックスイングと対照に腰の高さではグリップエンドが地面に向いて、肩の高さではグリップエンドが目標に向くようになります。ヘッドが使えてくる感じが出てきます。

この動きを最初は足を揃えてやりましょう。7番アイアンでも120ヤードは飛びます。ボールが掴まってきたら少しずつスタンスを広くして下さい。
地面から打てないのは、バックスイングでボールをしっかり見ようとして頭の位置が下がってしまうからです。
高いところでボールを見るようにしましょう。
次回は正面からの画像も見たいですね。

  • はてなブックマークに追加
  • google+でシェア
  • twitterでシェア
  • facebookでシェア

身体に痛みが出ること関連のゴルフスイング動画

  1. アイアンでは真っ直ぐ打てるようになったのですが、ドライバーで...

    2016.07.15 わた (平均スコア120以上) [ドライバー] [身体に痛みが出ること]

  2. 腕の脱力とリズムを意識してスイング出来るようになって来た気は...

    2016.07.12 天超 (平均スコア120以上) [アイアン] [身体に痛みが出ること]

  3. フォロー、フィニッシュの位置が低いです。 沢山練習すると左の肋...

    2016.05.31 ちゆ (平均スコア83~89) [ドライバー] [身体に痛みが出ること]

その他の関連動画

ゴルフスイングを撮ってプロからアドバイスをもらおう!

KiZuKiアプリイメージ

無料のスイングチェックアプリ『KiZuKi』で撮った動画を投稿すれば、プロからアドバイスがもらえます。

補助線やコマ送り再生を使ったセルフチェックも簡単です。

iOS版KiZuKiダウンロード Android版KiZuKiダウンロード

アドバイスのもらい方